Slide Left Slide Right

BURLESQUE

BURLESQUE

Burlesque

バーレスクの歴史はとっても古かった!-HISTORY-

バーレスクの始まりは16世紀のフランスの王室にまでさかのぼると言われてもいますが、正確にはいつどこで始まったのかは定かではありません。王室での娯楽としての見せ物が、庶民のものとなって大流行し徐々に形を変えていき、競い合うように次々と趣向をこらしたパフォーマーが登場するようになりました。

バーレスクという言葉は大衆向けのキャバレーや酒場などで、歌やダンスや手品や腹話術など、お客を楽しませるショーをする人々全般を指して使われる言葉でもありました。
現代のバーレスクの形に近づいたのは1900年代初頭と言われています。
シカゴ万博の開催された1933年頃にバーレスクは一大ブームになりました。
羽の大扇子で身体を隠しながら舞い踊る踊り子サリー・ランドが火付け役となり、その後、腰の周りにバナナの房をつけて踊るジョセフィン・ベーカー、現代のバーレスクショーの基礎を確立したと言われるジプシーローズリーなどのバーレスクダンサーが活躍しました。

その後、歴史の変化の中でより過激な性表現のショーがもてはやされるようになり、一時バーレスクは衰退してしまいました。

ですが、近年アメリカを中心としてバーレスクブームが再燃し始めました。

旧来のものと比べ、より個性を打ち出したスタイルを取り入れたり現代的な演出のパフォーマンスを行うバーレスクダンサーが増えています。

現代のバーレスクパフォーマーはネオ・バーレスクダンサーと呼ばれています。

Burlesque_01
バーレスクとは?-BURLESQUE-
バーレスクダンスとはいったいどのようなダンスなのでしょうか?

バーレスクダンスとは、色気と艶を強調するダンスに、衣装を焦らしながら脱ぐチラリズムのテクニックで観客を魅了するパフォーマンスです。

それはまさに成熟した大人のためのエンターテイメント!

パフォーマンスについて-PERFORMANCE-

バーレスクという言葉には本来「おどけた・茶化した」などという意味が含まれており、色気を強調しつつもからかったり笑わせたりするショーであるという意味合いが強いのです。
バーレスクダンサーはペイスティと呼ばれる飾りで乳首を隠し、ペイスティにタッセルをつけて回すなどバーレスク独特の技術でオーディエンスを盛り上げます。

バーレスクダンスに決まったステップや振り付けなどはありません。

セクシーさを強調するお決まりの動きとして、バンプという腰を突き上げる動きや、グラインドという腰を8の字に回す動き、シミーシェイクと呼ばれる身体を小刻みに震わせる動きなどがあります。

かつて、そのような腰をくねらせたりするような挑発的な踊りをするダンサーはフーチークーチーダンサーと呼ばれていました。